イメージ画像

キャッシングの種類

一口にキャッシングといっても様々な種類があります。

最も一般的なのが個人を対象にしたキャッシングで、即日審査、融資にも対応しているのがこちらです。 借り入れできる金額はそれほど多くなく、多くても100万円前後に設定されるのが一般的となります。

なお、50万円以上の借入を行う場合は収入証明が必要です。 適用される金利が8~18%前後と高めではありますが、保証人や担保も不要ということで人気があります。

次に借入先ごとの違いについてもご紹介しましょう。 借入先には大きく分けて銀行・消費者金融・クレジットカードの三つがあります。

銀行のキャッシングは都市銀行だけでなく地方銀行でも取り入れているので、キャッシングを利用しようと思っている方はこちらから検討してみるのも良いでしょう。 銀行のキャッシングを利用する大きな魅力といえば低金利であるということです。

消費者金融の金利は高めになっていますが、銀行の場合は数%から15%程度です。 また、限度額も高めに設定されているので、大きな金額を借りたいと思っている方からも選ばれています。

ただ、銀行のキャッシングは審査が厳しいと言われることも多いので、こちらの審査に落ちてしまった場合は消費者金融の利用も考えてみてはどうでしょうか。

消費者金融のキャッシングは限度額が10万円から50万円程度に設定されています。 銀行に比べると金額が少なくなりますが、収入に見合った金額を借りることが大切なのでこれくらいが最適だという方が多いのではないでしょうか。

保証人や不動産などの担保を要求されることがないため、保証人になってくれる方や担保になるものがないという方でも申し込みが可能です。

最後に現在持っているクレジットカードにキャッシング機能がついているということであれば、こちらを利用するのもいいですね。 金利は高めに設定されていますが、消費者金融と同じく保証人や不動産などの担保も求められません。

限度額は10万円から100万円というところが多いため、ちょっとした生活費不足程度であれば十分まかなうことができるのではないでしょうか。

このページの先頭へ